下取りと買取りのどっちがお得?

〜下取りと買取りのどっちがお得?5つのポイント〜
車買取

下取りよりも買取りが本当にお得なのかを検証!
ディーラーへ下取りに出す時には車買取査定を利用する?
年式の古い車は買取りよりも下取りを選択?
人気のない車種は買取りよりも下取りがお得?
面倒くさがりには下取りがお薦め?

「下取り」か「買取り」か・・・。車の買い替えや車の買取りなどの話題になると必ず出てくる問題です。「下取り」か「買取り」かは、なかなか答えが出し難い問題ですが、近頃の流れとして「下取り」よりも車買取業者による「買取り」の方が有利です。車買取業者の「買取り価格」の方がディーラーなどの「下取り価格」よりも明らかに高いことが大半です。しかし、ケースバイケースとした方がいいような事例も多くあります。例えば、ディーラーの下取りもキャンペーンなどを打っている時などは見逃せません。このサイトではこの辺りのことを探ってみました。


『下取り』か『買取り』か迷ったら無料の車買取一括査定サービスへ!

買取りがトクか、下取りがトクか、決める前に車買取査定へ!

中古車買取ならカービュー

買取りが得なのか・・・下取りが得なのか・・・よく分からない???

買取りか下取りか悩んだら、まずは車買取査定で愛車の買取額を調査!
車を買い換える時に避けて通れないのが、今まで乗っていた車の処分の方法。ちょっと前までは、車のディーラーの言うなりに下取りに出していたというのが当たり前のことでした。しかし、現在では車の処分方法も多様化し、車の買取店などもその形態を確立していたりします。例えば、下取りに出した方がいいのか、買取り店に出した方がいいのか迷うようでしたら、まずは車の買取査定をして車の買取額を知るのが賢い手段だと思います。

〜「下取り」か「買取り」かを決める重要ポイント!〜

このサイトが今まで知り得た情報から言えば、車を「下取り」よりも「買取り」に出した方がお得なことが多いようです。単純に、ディーラーの下取り価格よりも車買取業者の買取り価格の方が高いことが多いということです。このことを踏まえた上で、ケースバイケース的な事例もあるので紹介します。
■ディーラーへ下取りに出す時には車買取業者の査定額を参考にする
今までの習慣でディーラーに下取りに出すと決めた場合でも、事前に車買取業者の査定を受けて買取査定額をチェックしましょう。そして、ディーラーと下取り価格アップの交渉をしましょう。
■年式の古い車はかけ引きで下取りに出すのもアリ
年式の古い車の場合は、人気車種でない限り車買取業者の買取りでもかなり買い叩かれます。ディーラーの下取り価格には新車の値引き分も含まれることが多いので、かけ引きの材料に使う目的で下取りに出すのもありかもしれません。その場合には、相場を知るために一括査定サービスを利用して車の買取査定見積り額を取っておきましょう。
■人気のない車種は下取りも選択肢に入れる
上記の年式の古い車の場合と同様に、人気のない車種の場合は下取りという選択も有効です。ディーラーの下取り価格には値引きという要素も含まれているので交渉をしながら選択も考えていいでしょう。
■自分で動くのが面倒だったら下取りへ
買取りの場合は、自分で車買取査定に申込むことから始まって、買取り査定額の連絡を受けたり本査定の詳細を決めたりしなければなりません。それに対して、ディーラーの下取りの場合は担当セールスマンがほぼ全てをやってくれます。面倒くさがり屋の方は、面倒なことをディーラーにお金を払ってやって貰うという風に考えれば買取りと下取りの価格差も納得できると思います。それにしてもディーラーの下取り価格は安いのですが・・・。

自動車ディーラーのセールスマンと長い付き合いのある方は、セールスマンとの関係を考えてついつい言いなりになりがちですが、ディーラー側も車買取業者の存在を十分に知っていますので、ネットで無料の買取査定をして買取り額を参考に交渉するくらいはしたいところです。

下取りについて

下取りとは
下取りとは、車(新車または中古車)を買う時に、乗っていた車をある程度の金額でディーラーに引き取ってもらうことです。以前では、この下取りというシステムが普通に機能していたのですが、現在ではこの形態は崩れつつあります。

下取りの実態
車の買取りだけでも利用できる買取専門店が市民権を得た現在では、ディーラーの下取りを利用しない人も増えたようです。理由としては、単純に下取りよりも買取専門店の買取り価格の方が高額だということがあります。また、下取りは新しく買う車の値引き分も含まれていることが多く、下取りに出す車の本当の価値が分からないということもあります。


以前のように下取りというシステムが当然のように使われることがなくなったようです。理由は、車の買取専門店が世の中に認知されるようになり、車を下取りに出すよりも買取りしてもらった方が高額になることを人々が知るようになったからです。

下取りには、次に買おうとしている車の値引き額まで下取り価格に合算して提示されることもあり、その信用性は低くなったと言えるでしょう。

下取りが当たり前のように行われていた頃には、ディーラーにはあまる程の中古車が入ってきましたが、近頃ではそうでもないようです。そこで、自動車のディーラーが車買取専門店を展開するようにもなりました。このディーラー系の買取専門店が出来たことで、買取り店業界の形態が少しずつ変わり始めたことも特筆するべきことかもしれません。

このような業界の移り変わりがあっても、依然として下取りに出すのがベターなのか買取りしてもらうのがベターなのか悩む人がいることも確かなことで、そのような時には車買取査定を受けてみることを提案することにしています。

以上のようなことから言えば、車買取専門店の方に軍配が上がりそうですが、そうばかりではないこともこの業界の面白いところです。例えば、買取りに出そうとしていた車の価値がまったくない場合には、買取り専門店では車を引き取ってくれませんが、ディーラーの下取りでは車を買ってもらえるということで、多少の色をつけてもらえることもあります。




Copyright © 車買取 こんな車でも?車の処置に困ったらココ! All rights reserved