自動車税の課税前に車を売りたい!

〜車を売るなら自動車税がかかる前に売りましょう!〜

自動車税は4月1日時点の車の所有者に課税されますから、車を売ろうと思った時期が4月1日に近かったら出来るだけ急いで売却しましょう。
もし、4月1日に間に合わなかった場合には自動車税は課税されますので、納税通知書で納めることになります。ただし、抹消登録の手続きが行われた場合には、登録手続きが行われた翌月以降から翌年3月までの分の月割り計算された差額が還付されますので自動車税還付の手続きを行いましょう。

車を車買取店など業者に買取りを依頼した場合には、自動車税の還付金に対しての取り決めをはっきりしておきましょう。後々にトラブルに発展するケースが非常に多いようです。
名義変更の手続き時期についても確認が必要なことがあるようです。3月中に車を手放したつもりが納税通知書が送付されて来て気が付いたというような事例があるようです。


【軽自動車の場合】
軽自動車の場合は軽自動車税となりますが、自動車税と同じく4月1日時点の所有者に課税されます。ただし、軽自動車税は年間課税になりますので、自動車税のように月割り計算の課税や還付などのシステムはありません。以上から、軽自動車税が課税される微妙な時期の売却には尚更の注意が必要です。例えば、4月2日以降に車を売ったとすると、その年度分の軽自動車税を納税することになります。またその逆の場合、4月2日以降に軽自動車を所有したとしてもその年度分の軽自動車税は課税されることはありませんので納税義務は生じません。


自動車税とは言え馬鹿にはなりません。車を売る時期を少し考えるだけです!

 自動車税が課税される前に車を売りたいならコチラ!

車買取店に自動車を売る時の自動車税還付は?

自動車税 車買取り

車買取業者に売却する時には自動車税の還付金の確認を忘れずに!

車買取業者に車を売る場合に、自動車税の還付金の件でトラブルが数多く発生しているようです。トラブルの多くは、自動車税の還付金が計算されているか?という問題です。
車買取業者に車を売った場合には、自動車税の還付金は車の買取価格に含まれて計算されていることが一般的なので、自動車税の還付金が月割りで計算されているか確認が必要です。自動車売却時に自動車税の還付について説明があるのが普通ですので、説明がない場合にはしっかりと自動車税の還付金について確認しましょう。





Copyright © 車買取 こんな車でも?車の処置に困ったらココ! All rights reserved