5万キロ超え!10万キロ超え!走行距離の多い車買取り

5万キロや10万キロ超えの車も!走行距離の多い車買取り!5つのポイント!
年式の古い車 買取り

走行距離の多い車=廃車ではありません!
10万キロ超えの車に値段が付かないことはない!
走行距離の多い車は車買取査定に申込むのが第一!
多走行車は一括買取査定サービスへ申込むと便利!
過走行車の買取りは諦めないことが勝ち組になる秘訣!

走行距離の多い車は売れないと決め付けて、ディーラーなどの言いなりに廃車処分にしてしまう方が多いと耳にします。昔は10万キロ超えのような走行距離が多い車は耐久性の面でも敬遠され買取りの対象には成り得ませんでした。しかし、国産車の性能は非常に良くなり走行距離が多い車も需要大になっています。また日本の国内では敬遠される走行距離が多い車でも外国では非常に人気があることから、10万キロ超えのような車も活発に取引きされるようになりました。


5万キロ超えや10万キロ超えなどの走行距離の多い車も無料の車買取査定へ!

走行距離が多い車だから買取りは無理かな・・・と悩む前に車買取査定へ!

中古車査定なら

5万キロや10万キロ超えなど走行距離の多い車の買取りは無理?

走行距離が多い車を売ろうと、街の車買取専門店に持ち込んだとしても走行距離が多いことを理由に、値段が付かないと言われたり、買い叩かれたりするのは目に見えています。走行距離が多いことを別にすれば、あなたの車を欲しがっている人は必ずいることを知っておきましょう。走行距離が多い車を売りたいと思ったらまずは車買取査定に申込みましょう!あなたの車の大よその価値が分かります。複数の車買取業者から査定見積りが届く車買取一括査定サービスがお薦めです。

〜走行距離の多い車買取り重要ポイント!〜

5万キロや10万キロ超えなど走行距離の多い車の買取りは本当に難しいのでしょうか?
走行距離が多いというだけで買取りされないということはありませんが、あなたの車の車種や程度などによって変わってくるので簡単に答えを出すのは難しいです。下記の項目を参考にしていただければあなたの車に対する買取りの幅は広がると思われます。

■走行距離の多い車はそのまま廃車ではありません!
7万キロ辺りを超えると車の買取価格は目に見えて下がってきます。以前からの10万キロを超えると廃車だという車業界の不文律があったからでしょうが、この基準も現在ではなくなったに等しいと思います。こと日本の国産車に関しては抜群に性能が良くなっていますから10万キロ程度の走行距離ではなんともありません。走行距離が10万キロを超えたから廃車だろうという選択はしないようにしましょう。

■10万キロ超えの車に値段が付かないことはありません!
走行距離が10万キロに近い、または10万キロを超えた車を車買取店に持ち込むと「買取りは難しくなります」という返事が返ってくるでしょう。車買取業者の常套句なのです。車買取店も商売をしているのですから、車を安く買って高く売りたいのです。このような常套句に惑わされないようにしましょう。

■走行距離の多い車はオンラインの車買取査定に申込むことが第一!
上記のように、街の車買取店にいきなり車を持ち込んでしまうと、その車買取店の都合の良いようにされてしまいます。それを避けるにはオンラインで車の買取査定に申込むことをお薦めします。それも、1社だけではなく最低でも3社以上に申込むようにします。するとあなたの車の相場が分かってくるのです。

■多走行車は一括買取査定サービスに申込むと便利でスピーディ!
走行距離の多い車の買取りはオンラインの車買取査定に申込んで相場を知ることが大切ですが、オンラインの申込みだとは言え何社にも査定申込みをするのは大変です。そこで、1度の査定申込みで複数社の査定見積りが取れる車買取一括査定サービスに申込むことをお薦めします。1度の申込みで8〜10社ほどに査定依頼が出来ますので、手間と労力がかからない便利なサービスになります。条件が合えば、一番高い買取価格を提示した業者に売ることも出来ますから、まずは何社かの買取り価格を比べるつもりで申込むのがいいでしょう。

■過走行車の買取りは諦めないことが勝ち組になる秘訣!
多走行車とか過走行車と呼ばれている走行距離が多い車を売りたいと思っても、ついつい弱気になってしまい車買取業者の言いなりになりがちです。そこは気合いです!・・・とかは言いませんが、諦めないことが肝心です。上記の繰り返しになりますが、車買取一括査定サービスなら面倒なことが解消されますのでお薦めします。


車の走行距離について

車の走行距離と年式の関係
車の走行距離の目安として1年に1万キロと言われているようです。これは目安ですので、すべての車に当てはまるわけではありませんが、1年間の平均的な走行距離がこの程度になるようです。ただし、車の年式が古くなるにつれて走行距離は少なくなっていくようです。車が新しい内はいろんな所に出かけたくなるのでしょうか?古くなった車にはあまり乗りたくなくなるのでしょうか?いずれにしても、中古車として売られてくる車の走行距離と年式には関係性がないわけではないようです。

走行距離の多い車の需要
走行距離が多い車の需要はどんな動向になっているのでしょうか?例えば、以前では走行距離が10万キロを超えると廃車を薦められることが多かったのですが、現在ではそんなことはないようです。日本の国産車の性能が格段に良くなっていますから10万キロ程度では壊れてしまうことなどなくなったからです。そういったことも含めて、走行距離が多い車の需要は非常に伸びているようです。そうは言っても、多走行車とか過走行車とか呼ばれている10万キロを超えた車は日本国内では敬遠されがちですが、海外では引く手あまたの様相ですので、走行距離が伸びた車や年式が古くなった日本車はどんどん輸出されているようです。


走行距離が多い車も多くの需要があるようです。日本車の性能を理解している人は走行距離が伸びた車でも何の問題もなくまだまだ十分に走らせることが出来ると分かっているのです。車買取業者では走行距離が多い車の買取りに難色を示すことがありますが、これは常套手段であって営業なのです。その証拠に中古車センターなどには走行距離が10万キロを超えた車が多く売られています。そして、売れなかった走行過多の車は海外に輸出されて20万キロ、30万キロと走行距離を伸ばしていくのです。

多走行車とか過走行車とかいう呼ばれ方は一般的ではないようです。中古車を扱う業界内での言葉のようですが、車について知識がある人たちの間でも使われるようになり、インターネット上でも「多走行車」や「過走行車」などと検索されることもあるようです。いずれにしても、このような言葉に踊らされることなく条件良く走行距離が多い車を売りたいものです。




Copyright © 車買取 こんな車でも?車の処置に困ったらココ! All rights reserved