10年落ち!15年落ち!古い年式の車買取り

〜10年落ちや15年落ちの車も!古い年式の車買取り!5つのポイント〜
年式の古い車 買取り

低年式の車=廃車ではない!
10年落ちの車は値段が付かないと言うのは買取業者の都合!
古い年式の車こそネットの車買取査定へ!
古い年式の車は買取りを諦めた時点で売れなくなる!
低年式車は大手の車買取業者か一括買取査定へ!

古い年式の車は買取りされないと諦めて廃車処分にしてしまう方が非常に多いようです。確かに以前には10年落ちの車というと価値がないとされていました。ましてや15年落ちの車は絶対に買取りの対象になることはありませんでした。しかし、自動車の性能はどんどん良くなり長く乗っても壊れることがなくなってきました。また、多様化する世の中になり古い年式の車を欲しがる人も増えました。また日本の国内では敬遠される低年式車でも外国では人気があることから、古い年式の車も取引きされるようになりました。


10年落ちや15年落ちの古い年式の車も無料の車買取一括査定サービスへ!

年式の古い中古車だから売れないかも・・・と悩む前に車買取一括査定!

中古車査定なら

10年落ち・・・15年落ち・・・古い車は本当に売れない???

古い年式の車を売りたいと思ったら迷わず車買取り査定に申込み!
古い年式の中古車を売りたいと、街の車買取業者に普通に持ち込んでも低年式車ということで買い叩かれるか、買取りを拒否されたりするくらいなものです。街の車買取り店は古い年式の車に対しては、特別に人気のある車以外にはかなり冷たい対応がされます。ではどうするかと言えば、ネットの車買取査定に申込むのが一番です。複数の買取業者が競争入札する一括査定に申込みましょう。あなたの車を欲しがっている業者は必ずいます。


〜年式の古い車を高く売るための重要ポイント!〜

10年落ちや15年落ちなどの車は本当に価値がないものなのでしょうか?
実は、こればかりは聞いてみないと分からないのです。では、何処に聞くかと言えば車買取専門業者です。でも、普通に「こんな車を持っていますが売れますか?」と聞いたところで、例えば、その車買取業者があなたの車を欲しいと思っている場合でも相当に低い買取額で交渉してくると思います。相手はプロですから普通に交渉しても太刀打ち出来ません。そこで、低年式車を少しでも高く売るためのポイントを紹介します。

■低年式の車は廃車処分しかない訳ではない
以前は10年落ちにもなる車はほとんどが廃車処分という運命でした。しかし、現在の車は性能が飛躍的に良くなっていますので、無茶な乗り方をしていない限りまだまだ乗ることが出来ます。以前の車に対する考えのまま、10年落ちの車だから廃車処分しようとするのは早急です。廃車処分を考える前に買取査定を受けてみましょう。きっと、考えが変わるでしょう。

■古い年式の車は値段が付かないと車買取業者が言うのは向こう側の都合
車買取店に10年落ち以上の車を持ち込むとまずは「買取りは難しいですね」と言われます。この第一声で車を売りたいと思って持ち込んだ人を意気消沈させます。そして車を売るのを諦めようとした時に、「せっかく来てくれたのですから・・・」とスズメの涙のような買取り額を提示してきます。車買取業者の常套手段です。

■年式の古い車はネットの車買取査定に申込むのが一番
上記のように、車買取店に普通に車を持ち込んでも業者側は常套句を並べてあなたの車を安く買取ろうとします。それを避けるためにまずはネットで無料の買取り査定に申込んであなたの車の相場を確かめておきます。それから、街の車買取り店に行ってネットの買取査定で得た相場を基準に交渉するのが得策です。また、ネットの買取査定を別の業者で行って比べてみるというのもお薦めの手です。

■古い車は買取りを諦めると売れなくなる
年式の古い車、例えば新車から10年を超えている車の買取り額はかなり下がるのが実際です。下手をすれば買取業者から買取りを拒まれてしまうこともあります。このようなことから、10年落ち以上の車は高額の買取りが難しいことは確かです。しかし、このような低年式車を売ろうと思った所有者が「売れないだろう」と諦めた途端に本当に売れなくなってしまうものです。諦める前にネットの無料車買取査定を申込んでみてください。希望が見えます。

■低年式車は大手の車買取業者か一括買取査定に申込む
上記で低年式車の高額買取りは難しいと書きましたが、少しでも高く売るためにちょっと手間をかけてみましょう。年式の古い自動車は車買取り店に持ち込んでもあまり良い結果を得られないと書きましたが、大手の車買取業者か一括買取査定に申込むことで人気のない車も売れる可能性が高くなります。大手の車買取業者の場合は、店舗が多いのでどこかの店で買取る率が高い訳です。この場合も店舗に持ち込まないでその大手の車買取業者の買取査定のサイトから申込むようにしましょう。一店舗に持ち込んでしまうと他の店舗にはあなたの車の情報が渡りません。もうひとつ、一括買取査定に申込むと複数の車買取業者が競争入札しますので、高い買取り額を提示した業者に売ればいいという訳です。多くの見積もりが出て来るのでそれを基準に交渉するのも高額買取りに結びつきます。


中古車の年式について

中古車の年式と走行距離
中古車の年式と走行距離の関係で甲乙を付けることは非常に難しいことのようです。例えば、2012年式で5万キロの車と2007年式で2万キロの車の甲乙は付け難いということです。車屋さんに訊いてみても年式を重要視する人と走行距離を重要視する人と分かれました。でも、これだけは言えるのですが、前オーナーの手入れの仕方や整備状況によって車は大きく変わるのだということです。

年式の古い中古車の需要
年式の古い中古車の需要はどうなのでしょうか?これはその年式によるだろう・・・という声が聞こえてきそうですが、実際はどうなのでしょう。一般的な需要としては低いと思って間違いないと思います。しかし、古い年式の中古車も車種によっては需要があります。これも素人では分からない訳です。そこで、車買取業者の買取り査定をすることでご自分の車の需要があるかどうかが分かるというわけです。


年式の古い中古車の需要を総括することは難しいのですが、簡単に言えば「価格の安い中古車」を探している人々は多くいると思います。価格の安い中古車を探すということは車の年式にはこだわってはいないということだと思います。とりあえず安ければいい・・・という人たちは多いということです。
中古車センターなどで探してみれば、例えば10年落ちから15年落ちの車はたくさん見つかります。ということは十分に需要があると中古車センターでも見込んでいるということだと思います。

それでは古い年式の中古車を供給側から見るとどうでしょう。例えば、中古車買取り専門店などでは、かなり積極的に買取りをしているように見えます。ちょっと知り合いに訊いたところ、販売ルートがあれば積極的に仕入れをしていくということでした。ということは、車買取業者にもいろいろあって販売ルートもいろいろ持っているところとそうではない業者もいるということだと思います。そうなると販売ルートをたくさん持っている業者は年式の古い車も買取る機会が増えるということではないでしょうか。

以上から、10年落ちや15年落ちの古い車を所有していて、その車を売りたいと思ったら販売ルートを多く持っている業者に売ると有利になるということになりますが、それを知ることは難しいです。そうなると、やはりインターネットで買取り査定が出来るところで、出来たら多くの業者が査定に参加して、それらを一括で申込める車買取査定サービスがいいということに結論付けることが出来ると思います。




Copyright © 車買取 こんな車でも?車の処置に困ったらココ! All rights reserved